SHACHI or DIE

全然テレビ関係ない話なんですけどね、今とても迷っていることがありまして。 世界ではコロナウイルスが猛威を揮っており、自分が住んでいる札幌も例外ではない。北海道内でいえば4名の感染者が公表され、しかもそのうち1名が受診した病院はなかなか近所の…

育ってきた環境が違うから

どうも、コロナウイルス罹患者がいる札幌で今週末飲み会があるハトヤです。来週以降更新が途絶えたら、それはただの仕事の繁忙期とサボりです。 それはともかく、テレビの話。 「しくじり先生」の打率が最近低くてしょうがない。まあAbemaで完全版を見てない…

天才なのになあ

槇原敬之が覚醒剤所持の容疑で2度目の逮捕。 このニュースを速報で見たときは「あー、そうかー」という気持ちとともに、本当に悲しい気持ちになった。「あー、そうかー」は30代以上の人であれば20年前の逮捕がやはり思い出されるわけで、その記憶が甦るだけ…

番組経費だろ

「10万円でできるかな」が10万円以上使っているとの報道が。「10万円でどれだけできるか」というコンセプトなのに、宝くじ(スクラッチ)購入の際には数十万円使っているし、さらに当たりが出そうなものとそうでないものを差し替えているとのこと。 当該記事…

私刑という感覚

久々に二時間ドラマを見ました。「私刑人~正義の証明」です。2004年に刊行された森村誠一の小説が原作。法では裁かれない犯罪者に鉄槌を下す「私刑人」と警察の攻防を描く作品。 正直な感想としては「私刑っていまどきどう捉えられてるもんかね」とは思った…

嘘つきVS嘘つき

いきなりですけど、Yahooのコメント欄を見ていると「宮迫で笑ったことない」とか「面白いと思ったことない」とか書いてる人が目につくんですよね。 話の流れとしては「宮迫はYouTuberデビューしたけども、テレビでは復帰しなくていい。ずっと謹慎していろ。…

思念産廃処理場

不倫の何がいけないかって、不倫したほうには必ず「不倫されたほう」がいるわけで、「不倫されたほうの気持ちを考えろ」って叩き方をみんなするんですよね。だからそのうち逆手にとって「私の妻(あるいは旦那)はNTR(ネトラレ)属性があるので、逆に興…

死と向き合う

「コタキ兄弟と四苦八苦」が面白いです。なんとなくつい見てしまう。 ただまあ「どこが面白い?」と問われるとけっこう困る。ドラマの簡単な説明をすれば「無職のおじさん兄弟が1時間1000円のレンタルおやじをすることになり、その中で巻き起こる日々の物語…

朝ドラ的美徳

NHK朝ドラ「スカーレット」は続けて見ています。まあここ数年朝ドラリタイアしたことはないんですけども。 話は中盤戦。その中で主人公喜美子(戸田恵梨香)の夫八郎(松下洸平)に対し、弟子の三津(黒島結菜)が恋心を抱きつつあったけども、自ら身を引…

ひたすらにやつく

どもー、週刊投げヤリズムです。 もう完全に旬を逸した感じがありますが、東出昌大と唐田えりかの不倫。報道が出た直後くらいに書いた文章があったんですが、なんだかあまりしっくりこなかったので放っておいたら事態は悪化の一途をたどっております。東出の…

誠意って何かね

気付いたらまた1週間放置してた。昨年頑張りすぎたのかもしれない。いっそのこと「週刊化」したらどうかとか考えたりする。しかし週刊化することで「1週間に1度は更新しなければ…」というプレッシャーに押しつぶされる気がする。まあ誰もプレッシャーなん…

もてあそんでオジサン

油断して10日も放置しておりましたが、今年も鋭意更新予定です! そんでまあ油断している最中にもけっこう番組は見ていたつもりなのですが、「ああ、オジサンの心をもてあそんでいるなあ」というシーンにいくつか遭遇しましたので羅列してみたいと思います。…

テレビ疎外感

「新春テレビ放談2020」を見ましたが、例年のごとく共感できる部分が薄かったです。 自分もそれなりに「テレビを見ている人」だとは思うのですが、なぜかあそこに出てくる人たちの意見とあまり合う部分がないのです。しかしあそこに出てくる人たちはいわゆる…

MONSTER

あけました。 新年一発目から「開運!!バナナバカリぶらり」という頭のおかしい(褒め言葉)番組をやっていたんですよ。名前こそ違うものの、かつて放送されていた「そんなバカなマン」でしかなかったわけですけどね。いまだに「復活しねえかなあ」とたまに…

さよなら2019年

もう2019年が終わろうとしているわけです。 加齢とともに1年が早く感じられるというのはオッサンあるあるで、今年もまあ早かったです。仕事が地味に忙しかったというのも原因ですが、まあ何よりオッサンであることが最大の原因だと思います。 昨年末は有安…

え、まだ通用すんの?

TBS

「水曜日のダウンタウン」のクロちゃんアイドルプロデュース企画「MONSTER IDOL」が一応の決着を見せたわけですね。 「継続」「クビ」「クビ+罰」の処遇を視聴者がCDを購入することで投票するという制度。大方の予想通り「クビ+罰」が最多となり、さらに…

雑ゴシップ

「こんばんは、アルコ&ピースの酒井健太です」 「平子祐希です」 「2019年12月31日火曜日、今日のゴシップーー、さあ今週もリスナーから鮮度抜群のゴシップが届いております。今週は、芸能、海外、動物、経済とございます。さあそれではいつも通り平子さん…

ときめきを運ぶよ

ももクロちゃん恒例の冬ライブ「ももいろクリスマス2019~冬空のミラーボール~12/24」のライブビューイング備忘録です。特に面白いこともオチもないので、別に読まなくてもいいのです。ただ貧乏性なので書いた文章は公開してしまうのです。 時代を繋ぐショ…

夢しかなかった

「M-1グランプリ2019」の感想を敗者復活から書き殴っておきますね。 敗者復活戦 カミナリ 洗練されて良くなった部分ともったいない部分があるけども、これは仕方ない。何を優先するかの話。 囲碁将棋 うねらなかったなあ。一番勢いのある時にM1がなかった…

少女に何が起こったか

佐々木麻衣、メジャーデビュー。 「いったい何のことだよ」と思った人、そりゃそうです。「知らないAV女優だなあ」と思った人、考えすぎです。 佐々木麻衣とは自分が敬愛してやまない番組「THE カラオケバトル」の出演者であり、18歳以下で特に優秀な成績…

見る側の人間として

「ミヤネ屋」がまた叩かれてますね。 元KARAで先日自殺したと思われるク・ハラの報道をめぐり、韓国の自宅前から中継したことで、翌日以降報道陣やファンが押しかけたとか。抗議の電話やメールも1000件以上あったとか。あくまで「FRIDAY」が記事でそう言って…

ひとでなしとなじられて

何が起きたのか、芸能界は結婚ラッシュです。 11月22日がその数字にちなんで「いい夫婦の日」というのは割と知られた話。なもんで、それを狙ってか、はたまた総理の陰謀か(少なくとも首相経験者が言う話じゃあない)ここ数日で立て続けに結婚、結婚、また結…

思い込み

先日見た「世にも奇妙な物語・秋の特別編」の感想を。 鍋蓋 杉咲花主演。ぱっとしないOLの主人公は、自分の端末に届く「おすすめプレミアム」というサイトから届くおすすめ商品を購入することで人生が好転していく。しかしその好転していた人生が同僚によ…

思い込み

先日見た「世にも奇妙な物語・雨の特別編」の感想を。 さかさま少女のためのピアノソナタ 玉森裕太主演。ある日主人公は図書館で古びた血染めの楽譜を見つける。そこには「絶対に弾いてはならない」と書かれており、実際に演奏し間違えれば指を怪我し二度と…

思い込み

先日見た「世にも奇妙な物語・秋の特別編」の感想を。 脱出不可 坂口健太郎主演。目覚めたら監禁されている主人公。そこから脱出するには3つのパスワードを入力するしかない。その部屋はネット配信されており、視聴者の力も借りながらパスワードを発見して…

所詮は

なんだか「ひるおび」と「ミヤネ屋」でオリンピックのマラソンを札幌でやる事に関し、北海道マラソンのコースを引き合いにして札幌のコースをバカにしたような発言があったとかなかったとかで。中でも北海道マラソン優勝経験者の千葉真子あたりがかなり言い…

あたしゃ認めないよ

田中義剛が「踊る!さんま御殿」にて「ケンミンSHOWで北海道代表として呼ばれない」と嘆く。 最初にこのトピックを知ったのはネットの記事で、「ほう、それは確認しなければ」と思いネットで探して当該部分を確認した。確かに言っている。「青森は(高校を卒…

ニセモノであるから

「ノンフェイクション」という番組がテレ東で放送されましてですね。 ドキュメンタリーとして追いかける対象の中に、ひとつだけ(一人だけ)フェイク、つまりニセモノが混じっているという番組。今回放送されたのは「メンズ地下アイドル」がテーマ。3人の男…

我慢できなかった

ラグビー日本代表が負けてしまいましたね。 ワールドカップ開幕当初は「本当に日本勝てるのかいな」と思っていた大半の日本人の期待をいい意味で裏切り、予選リーグを全勝で通過。試合を重ねるごとにラグビー人気は過熱する。前回のワールドカップで奇跡的に…

地続き

教師間のイジメ問題に関して、他人とはうっすら違う感情を抱いております。 大前提として「そりゃあイジメは悪いし、イジメられていたほうはたまったもんじゃない」ことは当然です。被害者のほうからすれば憤懣やるかたないのは誰だって分かること。本来イジ…