大森貝塚

テレ東ドラマBiz枠「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!〜この女に賭けろ〜」を見たのですが、いったいどうしてあんまりパっとしなかった。 原作は20年ほど前にモーニングで連載されていた漫画。いまや時代が古い漫画の原作のドラマも珍しくはないので、そこが…

エロを伝えたいだとか

大手コンビニのセブンイレブンとローソンが成人雑誌の販売を取りやめるってね。 意外に思われるかもしれないが、自分はこの動きに賛成なのである。みうらじゅんの言葉を借りれば、人生の8割はやらしいことを考えてきた自分がこんなことを言うのはおこがまし…

守備職人かよ

「TVチャンピオン極」でラーメン王選手権。 有名ラーメン店がオリンピックで外国人が多数集まる東京を代表するような新しいラーメン作りで勝負。まあ出場者とか結果とかにはさほど興味はないのです。だって食べないし。 ただ番組を眺めて思ったことは「や…

キムタクと里山

今週はテレビで木村拓哉をよく見かけた。 まあ正確に言えば「いろんな番組に出る予告のCMをたくさん見た」であり、実際に木村が出演している番組をたくさん見たわけではない。実際に見たのは、ながら見していた「帰れま10」くらいだろうか。まあなんにせよ…

法廷に出る人、出ない人

弁護士ドラマを2本見た感想。 グッドワイフ 常盤貴子主演。専業主婦になり十数年間弁護士を休業していた主人公(常盤)。旦那の検事(唐沢寿明)が不倫のスキャンダルを報じられるとともに贈収賄の疑いで逮捕。子どもたちの生活を守るために弁護士に復帰す…

受け身の大切さ

「ワイドナショー」で松本人志が指原莉乃に対して「お得意の体を使って何とかするとか」という発言したことに対し、外野がワーワー言っている。マヌケである。 自分もNGTの件で指原が何を語るのかが気になったのでリアルタイムで見ていた。なので松本の当…

嘘も必然

有安杏果、芸能活動再開を宣言。個人事務所を開設し、3月末にはライブを行うことを発表。 有安杏果がももいろクローバーZを脱退すると発表されたのがちょうど1年前(「ロード第一章」の歌詞ではない)のこと。自分はなんとなく「何か発表するんだとしたら…

ドラマを見るオジサン

見たドラマがたまってきたので、感想を垂れ流し。 いだてん~東京オリムピック噺~ 今年の大河。2話まで。登場人物多い!!!!っていう感じがいまのところ最大の感想。いや面白くないとかそういうわけではなく、大河の序盤なんて「まだ話が動き出す前」な…

名前負け

「トレース~科捜研の男~」初回録画確認。漫画原作の月9ドラマ。錦戸亮主演。 一言で済ませば「面白みのないドラマだなあ」である。「面白くないドラマ」ではなく、「面白みのないドラマ」。それなりにちゃんと話は作られているんだけど、科捜研を舞台にし…

そういう意味ではない

「人志松本のすべらない話」を久々にちゃんと見た。 芸人(あるいは単に芸能人)が集まって、自身の「鉄板ですべらない話」を持ちより、それを披露するという番組。気付けばもう15年。長いことやっている。 番組初期は限られた芸人が限られた人数でやってい…

下品め

純烈の友井雄亮が自身のDV報道を受けて脱退および芸能活動を引退。 詳しい話はネットにいくらでも転がっているので、そっちを参照してほしい。普通の女性スキャンダルならまだしも、暴力が絡んでいるとなると、なかなか擁護するのは難しい。基本的には「や…

ソレデモシタイ

雑誌「SPA!」ヤレる女子大生ランキングが波紋を呼んでいるようで。 そりゃ当該大学に通っている女子大生からすればいい迷惑だ。そもそも大学という個人のパーソナリティの一部分にしか過ぎないものでもって大雑把に「ヤレる」というカテゴリにぶちこまれ…

あの娘ぼくが引退したらどんな顔するだろう

吉田沙保里が引退を表明。 「霊長類最強女子」の異名を持つ吉田。五輪3連覇など華々しい経歴と記録を持ち、国民栄誉賞も受賞している、日本のアスリートの中でもトップレベルの有名人。そんな彼女が引退となれば、それはちょっとしたニュースになる。テレビ…

百聞は一見に如かず

義剛ウォッチャーとして、今回また「坂上指原のつぶれない店」に登場した田中義剛の所業について色々書こうと思ったのですが、ちょっと今回はこの映像が全てを物語っていると思うので、見て頂きたい。 どうやら「生キャラメル手造り事件」を反省していないら…

生き残るテレビ番組は

TV

へいひの(濱田岳)がビッグサーモンを釣りに行ってたんですよ。 何事かといえば、「濱田岳が挑む!憧れのビッグサーモン~カナダ釣り紀行~」という番組のこと。「THE フィッシング」という長年放送されている釣り番組の35周年特別番組として放送されたのだ…

まともがわからない

「吉岡里帆悲痛…実弟が花田優一に弟子入りも悪夢の日々で退職」 こんなタイトルの記事がヤフーニュースで目に飛び込んできたとき、自分はしばらくニヤニヤが止まらなかった。2019が始まってまだ1週間も経っていないが、これはもう今年の面白ニュース暫定1…

金髪風野郎

「MUSIC☆HERO」つう音楽番組の特番が放送されていました。 石原さとみとクリエイターの箭内道彦が司会で、旬のミュージシャンであるあいみょんと岡崎体育の紹介とライブという、まあ音楽番組としてはオーソドックスな内容。 だから番組に関して特に述べるべ…

人情か、人間味か

「下町ロケット」のスペシャルというか最終話。 最後まで見終わって残るのは爽快感ではなく残尿感でした。別に自分の老いを公表しているわけではなく、あれ見終わって何を思ったかといえば「分かりやすい、そして煮え切らない」というがっかりでした。 日曜…

笑う阿呆に怒る阿呆

ただの山根元会長の話です。 年末年始のバラエティに山根明元ボクシング連盟会長がたくさん出ていました。おそらくこれからも出てくるんだと思います。もちろん全て見たわけではありませんが、自分が見かけた山根元会長とそれに関して何か書いてみます。 山…

さよなら2018年

2018年を締めくくるにあたり、やっぱり有安さんのことはもう一回書いておきたいと思っていたわけです。 有安さんとは「ももいろクローバーZ」の元メンバーであり、現在は一般人として生活されている方。有安杏果。とはいってもtwitterやinstagramは頻繁に顔…

さよなら平成

ブログを引っ越しました。もはやこのブログの歴史なんて自分しか知らないでしょうが、引っ越しついでにちょっと書いてみたいと思います。 そもそもは大学の課題で「何でもいいからwebページ作りなさい」ってのがあって、そこでつけたタイトルが「投げヤリズ…

ニュースター

「M-1グランプリ2018」の感想をただ書きなぐっておきます。敗者復活戦 ウエストランド よかったと思うんだけどなあ。 ダンビラムーチョ おじさんの設定がもう半回転進化したら凄い。 さらば青春の光 さすがだよ。 ミキ 漫才の勢いとともにタレントとしての…

紙一重

「ロンドンハーツ」のナダルドッキリを見て「うーむ」と思った話。 「ロンドンハーツ」のドッキリに関して自分は全幅の信頼を置いていて、田村淳という人の悪魔的な追い込み方が為せる芸術だとすら思う。言い過ぎだけど。ただまあそのくらい褒めても構わない…

プロフェッショナルとは

ジュリーこと沢田研二が自身のライブをドタキャン。 記者会見の姿がカーネルサンダース過ぎて、自分は正直そっちのほうが面白くてちゃんとこの報道について考えていなかったのだけど、なんだかジュリーを非難する声が思ったより多くて驚いております。 もち…

元祖名乗るべからず

テレ東の「大食い」において、照英があっさりと司会を降板させられる。 半年に一度くらい放送されるテレ東の「大食い」特番。一時期の大食いブームを牽引し、そして他局の早食いを真似した死者が出たあとの自粛ムードを経てから変わらずにずっと続けている長…

そこは早押しじゃあ

「高校生クイズ」の感想を。 昨年までの「海外でカップルがイチャイチャキャホー」を推奨するウルトラクイズクラシックスタイルは終了し、今年からは「地頭力」(じあたまりょく)を競うクイズに変更。いわゆる「脳トレ」のような問題やパズル系の問題、発想…

どっちのアキ子ショー

北海道は依然として余震が続いておりますが、とりあえず生きてます。 「全力!脱力タイムズ」は毎週面白くて楽しみな番組のひとつです。今週は土屋太鳳とよゐこ濱口の回。後半で濱口いじりとして和田アキ子のモノマネ芸人であるMr.シャチホコが登場。和田ア…

ちょっとだけ、被災して

9/6 3:07 初めは、小刻みな揺れだった。ガタガタ鳴り始める本棚のガラス戸。あまり聴いたことのない音になってきて「おや、これは大きい地震なのでは?」と感じ始める。すると同時に携帯電話が鳴り始めた。「地震です」知っている。今揺れてるんだ。後に冷…

その言い訳に本音がある

田中義剛、週刊新潮に「生キャラメルは全機械化されており、全然手作りじゃない」とすっぱ抜かれ、叩かれる。 週刊新潮は爆笑問題太田の件があるので、全然応援はしていません。むしろ今すぐなくなっても困らないくらいです。一方の田中義剛は自分にとって「…

物心ついたときから

菅井きん死去。92歳。 自分にとって菅井きんとは何だったのか。二つほど書いてみたい。 気付いたときには既におばあさん 自分が「菅井きん」という女優を認識したのはいつだろうか。wikipedia先生でざっと確認したところ、おそらくは「ウッチャンナンチャン…