テレ東

青春ばかちん料理塾

どうも、ハトヤです。世も末ですね。 現役の検事長が賭け麻雀を直近でしていたことがバレたみたいです。本来ならば絶対にバレないような座組みだったみたいですが、バレてしまうあたりがショボいです。政権に大甘の判断をくだしつつ、自分にはもっと大甘だっ…

笑えるうちは大丈夫

ドラマ「浦安鉄筋家族」初回を見ました。佐藤二朗主演。 原作は少年チャンピオンで連載中(タイトルは変更あり)の看板作品。とか書いてるけど読んだことない。一応ばっちり世代のはずなんだけど、通過せずにここまで来てしまったため、もうほぼ何も知らない…

通常営業だ

「青春高校3年C組」の深夜初回を見ましてですね。 元々はテレ東(関東ローカル)の夕方の帯で放送されていたものが枠移動して深夜に。北海道では放送されていなかったものが急に放送されるようになったので(いやまあ見ようと思えば色々見る手段はあったの…

死と向き合う

「コタキ兄弟と四苦八苦」が面白いです。なんとなくつい見てしまう。 ただまあ「どこが面白い?」と問われるとけっこう困る。ドラマの簡単な説明をすれば「無職のおじさん兄弟が1時間1000円のレンタルおやじをすることになり、その中で巻き起こる日々の物語…

少女に何が起こったか

佐々木麻衣、メジャーデビュー。 「いったい何のことだよ」と思った人、そりゃそうです。「知らないAV女優だなあ」と思った人、考えすぎです。 佐々木麻衣とは自分が敬愛してやまない番組「THE カラオケバトル」の出演者であり、18歳以下で特に優秀な成績…

ニセモノであるから

「ノンフェイクション」という番組がテレ東で放送されましてですね。 ドキュメンタリーとして追いかける対象の中に、ひとつだけ(一人だけ)フェイク、つまりニセモノが混じっているという番組。今回放送されたのは「メンズ地下アイドル」がテーマ。3人の男…

だってカラオケバトルが好きだから(2019夏)

2週連続で「THEカラオケ☆バトル」やってたんですよ。今回は2週にわたって夏のグランプリつうことでやってましてですね、ええ、そりゃあもう真剣に見てましたよ。 自分はカラオケバトルの中でも特に18歳以下が出演するU-18が好きです。番組でも「歌うま甲…

改悪に次ぐ改悪

テレ東の大食いはもうダメかもしれない。 前回中村有志の正統後継者であったはずの照英をあっさり降板させ、高橋みなみにMCをスイッチ。高橋にはこのタイミングで結婚を発表したこと以外何の落ち度もないが(別に結婚発表も落ち度じゃないけど)、「正統を…

ひねくれひねくれ1

「ひねくれ3」を見たんですけども。 南海キャンディーズ山里、ハライチ岩井、三四郎小宮からなるひねくれ者3人がメインのテレ東の新番組。いささかラジオ色の強い3人が揃ったわけだけども、そのラジオのイメージそのままにひねくれた3人が揃ってどんな番…

大森貝塚

テレ東ドラマBiz枠「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!〜この女に賭けろ〜」を見たのですが、いったいどうしてあんまりパっとしなかった。 原作は20年ほど前にモーニングで連載されていた漫画。いまや時代が古い漫画の原作のドラマも珍しくはないので、そこが…

守備職人かよ

「TVチャンピオン極」でラーメン王選手権。 有名ラーメン店がオリンピックで外国人が多数集まる東京を代表するような新しいラーメン作りで勝負。まあ出場者とか結果とかにはさほど興味はないのです。だって食べないし。 ただ番組を眺めて思ったことは「や…

元祖名乗るべからず

テレ東の「大食い」において、照英があっさりと司会を降板させられる。 半年に一度くらい放送されるテレ東の「大食い」特番。一時期の大食いブームを牽引し、そして他局の早食いを真似した死者が出たあとの自粛ムードを経てから変わらずにずっと続けている長…

欲しがるマツコ

「マツコ×テレ東」プロジェクトつうのがありましてですね。 マツコデラックスが事前に何も聞かされずテレ東が企画した番組をこなすというもの。自分も「まあ見れるものを見よう」と思って、そんなに真剣に見ようと思っていたわけではないのだが、結果的に全…

ザッツオールライト

「TVチャンピオン極〜KIWAMI〜」初回を見た。 「TVチャンピオン」とはリニューアルされた「2」を含め、2008年まで放送されていたテレビ東京の看板番組の一つである。現在も放送されている「元祖大食い王」はこの番組が発祥であるし、「さかなクン」を世…

「THEカラオケ☆バトル」を3倍くらい楽しめるガイド(U-18編)

ここんとこしょっちゅう呟いているのですが、「THEカラオケ☆バトル」が楽しくて仕方ない。 「THEカラオケ☆バトル」、通称「K☆B」(ケービーとでも呼べばいいのか)は、マチャアキと柳原可奈子が司会を務め、素人やプロ歌手が入り乱れてカラオケの点数を競…

涙の勝利

「キングオブコント」の感想を並べておきます。 しずる 刑事。相変わらずの演技力と構成で見せますよねー。ライブの後半に出てくると世界観で完全に笑ってしまうやーつですよね。トップバッターはついてなかったけど、だったら他のネタで勝負してもよかった…

本来の姿

IQヴィーナス〜天才JK日本一決定戦〜 テレ東の深夜に放送された番組。タイトルの通り賢い女子高生が「IQヴィーナス」の称号をかけて争う。 同時間帯に強豪ひしめく中録画を勝ち取ったこの番組でしたが、いやあこれが久々に見たダメな方向の「テレ東ク…

脱バランス

テレ東「チマタの噺」が結構面白い。 笑福亭鶴瓶がテレ東で開チン事件以降初のレギュラー番組、ということで開始時に少し話題になったこの番組。ゲストとチマタの人(一般人)にインタビューした映像を交えつつフリートークをするというもの。鶴瓶のレギュラ…

ドヤ顔が見えた

「E-girlsを真面目に考える会議」を相変わらず見ているわけですが、ちょっと雲行き怪しくなってきました。2回目で褒め過ぎた。 今週から会議メンバーがチェンジ。ファンに偏り過ぎていたという名目で、ファンを3名に減らしTVウォッチャーが2名、そして…

解放感が裏目

「3匹のおっさん2」の初回。 昨年1月に放送されたドラマ「3匹のおっさん」の続編。有川浩原作の小説をテレ東が北大路欣也主演でドラマ化したところ、これが思いのほかヒット。テレ東ドラマとしては異例の平均視聴率10%超えという快挙を達成。この度晴れ…

キラーフレーズ

「E-girlsを真面目に考える会議」の2回目。 「E-girlsで面白い番組を作る」ためにはどうすればいいのか、と考えた結果メタバラエティで作るしかないと気付いたテレ東。E-girlsのヌルいロケVTRをファンが視聴し、改善点を挙げていくというていで番組が進…

真面目に考えた結果

テレ東の新番組「E-girlsを真面目に考える会議」が結構面白かったです。いや、正確に言えば「面白くなるような感じがちょっとだけする」です。 昨年あたりから自分はちょっとだけE-girlsに注目している。それはいわゆる10代の女子が憧れるようなソレではなく…

夜間飛行

みなさん、いわゆる「3連休」をいかがお過ごしですか?まあ賢明な方はこんなサイトの文章を読んでいるとは思えないのですけども。けど何かの間違いでこの文章を読んでいるアナタ、それは自分と同じ部類の人間ですよ多分。何でそんなこと分かるかって?それ…

カンバック希望

テレ東で「THE指名手配」つう番組やってましたが、これがまんま「TVのチカラ」ですわ。「TVのチカラ」(通称テレチカ)はこのサイトの初期、更新のモチベーションとなっていた番組。「いまどきオカルトで捜査とか時代遅れだぜ」とか思って何気なく見…

今更、だから何

・モテキ テレ東で放送のドラマ。夏クール(7月〜9月)のドラマ。「何をいまさら」と思われて当然なのだが、年末年始に向けた「大ハードディスク容量処分大会」(通称ダイハード)を行っている一環でようやく重い腰をあげて見る気になったのだから仕方ない…

水戸黄門のように

・愛の貧乏脱出大作戦 約10年ぶりに特番で復活。経営難の飲食店が有名店であるところの師匠のもとへ弟子入りし、その店のメニューを伝授してもらう。そんでもって心機一転オープンすることで新たな門出をするという流れの番組でした。今回の特番はあれから…

わたし女子アナになるのは違うと感じてた

元モー娘。の紺野あさ美がテレ東の女子アナに内々定したとかそうでないとか。 以前も同じようなケースで、アイドルの平井理央がフジの女子アナに内定したとかそうでないとか、つう話題が起きたときも「本当なのかな?」とここで書いたことがあったのだが、結…

正論

・怒りオヤジ3 SP版で復活。有吉・ホリケン・出川の3人が説教。やはり圧巻なのは有吉。 有吉は悪口を言ってるんだけども理路整然と何一つ間違ったことを言わないのが素晴らしい。金持ちのグラビアアイドルに「金をかけたメイクをしてその程度ってことは、…

賞味期限切れ

・やりすぎコージー 芸人が面白いと思う芸人に投票する「カウントダウン芸人」。今回は事務所の枠を超えて吉本以外の芸人にも投票枠を広げたのだが、いかんせん吉本の芸人の母数が多すぎるため、結局は吉本芸人内輪で面白い芸人を選んでいるに過ぎないのがな…

飛行機は飛ぶ オヤジは怒らない

テレ東深夜に「THEフライト 翼の時間」という番組が始まったんです。 テレ東の深夜のバラエティ枠といえば「ゴッドタン」だの終わってしまったが「怒りオヤジ3」だの、テレ東テイストに溢れたいかにも深夜番組が溢れているナイスな時間帯。番組タイトルだけ…