アイドル

俺のブルーレイを超えてゆけ

自分んちの近所に「怪しげなディスカウントショップ」があります。 まあディスカウントショップなんで当たり前なんですけども、妙なものが妙に安かったりするんですよね。どこから仕入れてきたのか不明ながら、自分も愛飲している某ペットボトルのコーヒーが…

崇徳院

「テレ東音楽祭」にてW(ダブルユー)が出演していました。 ダブルユーとは辻希美と加護亜依によるユニットであり、前者は「ブログで何を書いても炎上する」でお馴染み辻ちゃんであり、後者は「タバコ吸ったらローリングストーン」でお馴染み加護ちゃんであ…

青春の放熱

おじさんがももクロちゃんのアルバムについて感想を述べるという至極どうでもいい更新なので好きな方だけ。 ももクロちゃんのニューアルバム「MOMOIRO CLOVER Z」はとっても素晴らしい。まあ発売されるアルバムは毎度毎度素晴らしく、かつて「まあ売れるんで…

Paint it GOLD

後藤真希が不倫を認めて謝罪。 世間はピエール瀧逮捕で忙しいというのに、まったく空気を読まない文春である。記者もスクランブル体制で取材しているんだろう。 最近の後藤真希といえばママさんタレントを目指していたのかやたらと「よいママアピール」に余…

伏線回収

有安杏果が一般男性との結婚を前提の交際を発表。 いやあ、正直あんまり書きたくないんだけど、成り行き上これは避けられないよなあ。前回の文章でズバっと区切りをつけたはずだったんだけど、こういう展開が待っていると、黙っているわけにはいかないでしょ…

改めて、気付く

嵐が2020年末をもって活動休止を発表。 1/27の昼間に唐突に入ったビッグニュース。仕事の休憩時間に携帯を見たら速報で入ってた。今の芸能界の中心であり、ジャニーズの屋台骨でもある嵐が活動を休止するとなると、これはもう色々な面で計り知れない影響があ…

さよなら2018年

2018年を締めくくるにあたり、やっぱり有安さんのことはもう一回書いておきたいと思っていたわけです。 有安さんとは「ももいろクローバーZ」の元メンバーであり、現在は一般人として生活されている方。有安杏果。とはいってもtwitterやinstagramは頻繁に顔…

そらそうなるよ

中井りかっちゅう人が香ばしく暴れているそうですね。 昨年もファンに散々票を貢がせた挙句に結婚宣言とかふざけた奴もいましたけども、今年も選挙前に文春に男との同棲をすっぱ抜かれたわけですね。まあ同棲しようがSEXしようが構わないけども「バレるな…

life goes on

有安杏果、卒業。ももいろクローバーZが4人体制に。 5人の最後のライブは見に行くことが出来ませんでした。ネットでリアルタイムで配信されていましたが、完全なる仕事中で満足に見ることが出来ませんでした。まあ仕事の合間合間に抜け出してはコソコソ携…

3日経ってもなお

ももクロちゃんのことをずっと考えてます。「わろてんか」を見ているときもずっと(ちゃんと見ろよドラマ)。 有安杏果卒業の発表があった日、自宅には年明けのセール品で購入したツアーグッズの緑色のタオルが届きました。自分はそれを白い眼をしながら確認…

笑顔と元気を僕らに届ける小さな巨人にエールを込めて

有安杏果がももいろクローバーZを卒業。事務所、レコード会社との契約も終了し、芸能活動を引退へ。 いきなり恥ずかしい話をすれば、こんな日が来るとは思っていなかった。「いやアイドルなんて日常茶飯事的にメンバー増えたり減ったりするじゃん。そんなこ…

NICE IDOL must pure

嗣永桃子がアイドルを、芸能活動を引退。 15年「アイドル」として過ごした嗣永は、最後の最後まで「アイドルであること」を貫き通した、言うまでもなく本物のプロである。去り際も素晴らしい。ファンに向けて 「私はご覧の通りビジュアルもいいし、愛嬌もい…

仁義なき戦い

AKBの総選挙、面白かったです。まあマジメに見ていたわけではないんだけど、ひとつアイドル史に残る事件が発生した。それは選挙で20位に入った須藤凛々花さんが唐突に結婚を発表したことである。 「恋愛禁止」を建前にしているAKBグループのアイドルが…

喚くオッサン人形

1か月ぶりに更新したと思ったらまたももクロちゃんの話かよ!でお馴染みハトヤです。もう誰も見てないと思っているので好き勝手書いてます。テレビは相変わらず浴びるように見てますけど、書くのをサボっているだけです。 先日札幌医科大学で行われたももク…

地域振興券

ももクロ春の一大事20172日目のライブビューイングに行ってきました。毎度のごとく備忘録でございます。 オープニング 佐々木アマ(佐々木敦規)の演出するライブは必ずオープニング映像があって、これも楽しみのひとつ。オープニングで使われた音楽がPE'Z…

至近距離という暴力

久々に更新すると思ったらももクロの話題かよ!ええそうです。すみません。いつもの備忘録です。でもこれは書いておかなければいけないと思ってですね、ええ。 ももクロちゃんの黄色とピンクこと玉井さんと佐々木さんが旭川にやってくる!そんな情報が発表さ…

仰け反る

「ロケハン」というももクロちゃんのファンクラブ中心のイベント*1が北海道でありましたので行ってきたよ、という備忘録。「真田丸」のこととか超書きたいんだけど、自分が盛り上がらなくても充分に盛り上がってるんで別にいいかなあと。もちろん「犬伏」と…

もう魂抜かれたよ

札幌PARCOに、「れにちゃん」ことももいろクローバーZの紫色担当高城れにさんが降臨なされました。以下ご存じかと思いますがモノノフの戯言なのでご勘弁を。 自分がファンキー加藤でホクホクしていた午前中、プロデューサーの川上氏(kwkm)のtwitterで「全…

ハロプロ的価値観

ドラマ「武道館」を5話まで一気に見たわけですが。 原作は浅井リョウの小説。ハロプロの実在するアイドル「juice-juice」が劇中で「NEXT YOU」となり、無名のアイドルが武道館でライブを目指すアイドルの成長と苦悩を描くというもの。 まあ、特別つまんない…

バイバイでさようなら

自分が札幌ドームでももクロちゃんで熱狂しているその裏で、「めちゃイケ」では視聴者の無責任な投票によって人生を左右された人間がおりました。三中元克さんと言います。 元々「素人」としてめちゃイケの新レギュラーに選ばれた彼は、お笑い芸人としてプロ…

目を閉じておいでよ

1か月もブログを放置して更新したかと思えばももクロちゃんの札幌ドームのライブに行ってきたという話です。 札幌ドームのライブは他のドームでやるライブとは違う特別仕様(2日間の内容を1日でまとめて行う)なので、ネタバレはしてもいいような気がする…

紅白が切った舵

今年の紅白にももクロちゃんが出ない。これはモノノフ的には非常に衝撃だったわけです。 ももクロにとって紅白とはどのような位置づけかを一言でいえば「約束の場所」なのですよ。結成当初から「紅白に出る」ことを目標にし、そして早見あかりが脱退するとき…

宿痾

「しくじり先生」の保田圭をご覧になっただろうか。予告の段階でかなりイヤな予感はしていたのだが、実際見てみたら「やっぱり」という感想を抱かざるを得ない香ばしい内容だった。モー娘。をリアルタイムで見てきた人間にはどう映ったかを書いておきたい。 …

幕が上がる、そして

2泊3日で東京に旅行に行ってました。ただのGW休暇ですが、最大の目的はももクロちゃんの舞台「幕が上がる」の初日を見に行くためでした。この後の記述は完全にネタバレありですので、知りたくない人はご注意を。 同名のももクロちゃん主演映画の前売券を…

夢か現か幻か

ももクロちゃんの話です。毎度のごとく好きな方だけどうぞ。 今年は今まで貯まっていたマイルを全て放出するがごとく「何か」が来ている。どうにもこうにもももクロちゃん関連のものがことごとく当たる。特に今月は強化月間であり、先週のどんたく(LV)×…

どんたくーりん

ももいろクローバーZのファンクラブ(「ANGEL EYES」以下AE)限定イベント「ももクロどんたく」のライブビューイング(以下LV)に土日参戦してきたよ、という完全なる備忘録。好きな人だけどうぞ。 意外なことに(と書いてしまうのが悲しいのだが)仕事が入…

だから有安杏果は推せる

ももクロ有安杏果がインフルエンザ罹患により紅白出場を断念。 本日仕事納めで14時頃に帰宅し、一眠りしたあとに携帯を見たら衝撃のニュース。向井理と国仲涼子、はたまた芥川賞作家綿矢りさが年末駆け込み婚を発表したが、そんなものはどうでもよい。有安さ…

楽しいクリスマスイブ

ももクロちゃんのライブ「ももクリ2014 Shining Snow Story」のライブビューイングに行ってきました。それはもう、楽しかったです。毎度のごとく備忘録なので、好事家だけ。 友人Fと15時待ち合わせ。先走りCD、パンフ、生写真を購入してから、札幌の某有…

幕が上がる前に

来年2月公開のももクロちゃん主演の映画「幕が上がる」。原作は劇作家であり舞台演出家である平田オリザの小説であり、先日文庫版が発売されたので、さっそく購入し読みました。 映画の原作を「映画を観てから読む」か「読んでから観るか」というのは意見の…

岡井を呼べ

「ミレニアムズ」に℃-uteの岡井千聖が出てました。面白かったです。 オードリー春日扮するオネエのママ(通称カスママ)のバーに芸能人が来店し、ミレニアムズ女性ADに扮したオードリー若林、南海キャンディーズ山里、ウーマンラッシュアワー村本の3人と…