TV

春の人事

わたくしハトヤも世を忍ぶ仮の姿ではサラリーマンですから(悪魔ギャグ)、この季節になると人事異動に怯えて過ごすわけです。ブログの更新をサボるのもこのせいです。幸いここ数年は人事異動に怯えることなく過ごしていまして、今年も諸事情で異動はないだ…

気付いてしまった

「千鳥のクセがすごいGP」を見ていて、気付いてしまったことがある。 「水曜日のダウンタウン」で令和を自力で的中させたコンビとして一躍有名になったななまがりがネタを披露していた。ムーシー藤田としても有名な(有名な?)ボケの森下が次々と変なやつ…

ふるくさいテレビ

TV

あけましたね。何も変わりません。 NHKで「あたらしいテレビ」が放送されましてですね。昨年までは「新春テレビ放談」が放送されておりましたが、コロナ禍のさなかに放送されたこちらの番組が取って替わる形で新春に放送されることになりました。 でまあ…

解決えみちゃんねる

「M-1グランプリ2020」の感想を敗者復活から。 敗者復活戦 金属バット ちゃんと「大会向け」に作ってきたネタ。無意識にもっと刺激を欲してしまった。 タイムキーパー どこかで見たことある感じ。初期のパンクブーブーと似たような印象。こなれてるけど他の…

たくらまれてもなあ

「全力!脱力タイムズ」である企みがありました。 先週放送されたのが四千頭身後藤の回で、今週放送されたのがジャングルポケット斉藤の回。ゲストの女優は変わったものの、それ以外の内容はほぼ同じ(最後の漫才披露が、後藤のときにジャンポケの残り二人、…

そうは言っても綺麗事

プロレスラーの木村花が亡くなる。 詳細は発表されていないが、おそらく自殺なのだろう。「テラスハウス」に出演中だった木村。番組中に起きた事件での木村の振る舞いが良くなかったらしく、視聴者から本人のインスタグラムに誹謗中傷が絶えなかったようだ。…

ひとつの目標

「あたらしいテレビ」を見ました。 NHKが放送した「今、そしてこれからのテレビはどうなるのか」ということをリモートで討論した番組。毎年年初に放送されている「新春テレビ放談」の緊急コロナバージョンみたいなものである。出ているメンバーもそんな感…

GWまとめ

明日から一応仕事なんですよ。仕事になるかどうかは別として。 GW休みは一様に「STAY HOME」の大合唱。まあ仕方ないですね。普段から出不精の自分ですが、さすがに何日も休みが続くときは「じゃあちょっとどこか行くかな」と思って外出するわけです。しか…

どうせ死ぬなら

TV

いやー、緊急事態宣言ですか。北海道は含まれていませんけども、大都市は行動制限などがかかるんでしょう。2020年が始まったときには思いもしなかったような事態に突入していますね。自分が生きている間にこんなことになるとはねえ。仕方ない。 かなり捨て鉢…

とにかく笑えれば

TV

無観客「笑点」は、なかなかに衝撃でしたね。 長年後楽園ホールで収録を行っている「笑点」であるが、コロナウイルスの影響で初の無観客収録。笑点の観覧客の多くは老人であり、それがあんだけ集まって万が一発症者が出てしまった場合は冗談抜きに大惨事にな…

テレビ疎外感

「新春テレビ放談2020」を見ましたが、例年のごとく共感できる部分が薄かったです。 自分もそれなりに「テレビを見ている人」だとは思うのですが、なぜかあそこに出てくる人たちの意見とあまり合う部分がないのです。しかしあそこに出てくる人たちはいわゆる…

夢しかなかった

「M-1グランプリ2019」の感想を敗者復活から書き殴っておきますね。 敗者復活戦 カミナリ 洗練されて良くなった部分ともったいない部分があるけども、これは仕方ない。何を優先するかの話。 囲碁将棋 うねらなかったなあ。一番勢いのある時にM1がなかった…

やっぱそうなるのね

「アメトーーク」でバラエティ大好き芸人。 普段出演する側のお笑い芸人が、自分の好きなバラエティを語って丸々1時間。Abemaで放送されたAVサミットの地上波版だと思って頂ければいい。違う。 放送内容に関して言えば「自分が普段ここでやっているような…

ひねくれひねくれ1

「ひねくれ3」を見たんですけども。 南海キャンディーズ山里、ハライチ岩井、三四郎小宮からなるひねくれ者3人がメインのテレ東の新番組。いささかラジオ色の強い3人が揃ったわけだけども、そのラジオのイメージそのままにひねくれた3人が揃ってどんな番…

生き残るテレビ番組は

TV

へいひの(濱田岳)がビッグサーモンを釣りに行ってたんですよ。 何事かといえば、「濱田岳が挑む!憧れのビッグサーモン~カナダ釣り紀行~」という番組のこと。「THE フィッシング」という長年放送されている釣り番組の35周年特別番組として放送されたのだ…

ニュースター

「M-1グランプリ2018」の感想をただ書きなぐっておきます。敗者復活戦 ウエストランド よかったと思うんだけどなあ。 ダンビラムーチョ おじさんの設定がもう半回転進化したら凄い。 さらば青春の光 さすがだよ。 ミキ 漫才の勢いとともにタレントとしての…

紙一重

「ロンドンハーツ」のナダルドッキリを見て「うーむ」と思った話。 「ロンドンハーツ」のドッキリに関して自分は全幅の信頼を置いていて、田村淳という人の悪魔的な追い込み方が為せる芸術だとすら思う。言い過ぎだけど。ただまあそのくらい褒めても構わない…

思てたのと違う

TV

「となりのトトロ」をついうっかり見てしまったのです。 「となりのトトロ」に説明なんかいらないような気はしますが、一応書いておけば宮崎駿の監督作品の映画。1988年の作品だから、もう30年前のものだ。30年前のドラマが再放送されることはめったにないが…

働く人の顔

TV

先日、ススキノのちょっとエロい店で飲んできたんですよ。 あんまり書くとお里が知れてしまうので詳細は省きますけども、なんというかお店のお姉さんのおっぱいが揉める店です。んでハッスルタイムみたいな時間(て書いたけどもハッスルタイム以外の何物でも…

僕らが旅に出る理由

TV

更新を2か月もさぼっていましたが、やめたわけではないんですよ。単に更新するチャンスがなかっただけです。ウソです。さぼってました。まあ誰にも強制されてないんでサボったという言い方が正しいのか分かりませんけども。 じゃあなんでいきなり更新しよう…

全消去

TV

「有吉反省会」の2時間SPを見たあとの爽快感について書いてみたい。 「有吉反省会」は日テレで放送されている「本当に有名人」もしくは「本当に有名人?」という一流芸能人が登場し、自らの行いを反省し償うという「てい」の一流面白バラエティ番組である…

泣いた

「M-1グランプリ」の感想を敗者復活含めて簡単に。 敗者復活 ランジャタイ よくわからないまま終わっていった。 笑撃戦隊 ツッコミ先行のネタの時からあんまり面白いと思ってない。好みよ。 からし蓮根 若さと熊本。 Aマッソ 賞レースのネタじゃねえ(褒め…

根釧台地

今年も「M-1」をほぼリアルタイムで見ることが出来ましたので全体の感想を。 審査員はずっとひた隠しにされ、当日、ダウンタウン松本、上沼恵美子、オール巨人といった過去のM-1でも審査員を務めた人が復帰するというサプライズ。昨年から引き続き審査員…

「THEカラオケ☆バトル」を3倍くらい楽しめるガイド(U-18編)

ここんとこしょっちゅう呟いているのですが、「THEカラオケ☆バトル」が楽しくて仕方ない。 「THEカラオケ☆バトル」、通称「K☆B」(ケービーとでも呼べばいいのか)は、マチャアキと柳原可奈子が司会を務め、素人やプロ歌手が入り乱れてカラオケの点数を競…

安心せい、致命傷じゃ

TV

「橋下×羽鳥の番組」で少し気になったことを。 今回の都知事選で小池陣営がネット及びSNSを有効活用した、という話題になり、その為「だけ」に呼ばれたであろう前参議院議員山田太郎が「SNSの活動で29万票を集めましたぜ」と割と誇らしげに話していた…

翻弄される

TV

芸人柏崎桃子に密着した「ザ・ノンフィクション」が北海道でも先日放送されました。首都圏では6月頭に放送されたようで。 さも当然のように「柏崎桃子」という名前を出していますけど、もちろんメジャーな芸人ではない。石井光三オフィスに所属する駆け出し…

冷静に判断してみよう

TBS「ピラミッド・ダービー」がやらせだとかそうでないとか。 自分は「ピラミッド・ダービー」を一度も見たことがない。タイトルからして「さんまのナンでもダービー」みたいなもんだろうと思っており、今回の事件で色々読むにつれ、まあそんなに間違って…

その他まとめて

TV

アメトーーク 5時間は本っっっっっっっっっ当に長い。見終わっての感想がこれしかないんだから内容がいい悪いの前にただ長いってことだけじゃないっすかね。かといってあの5時間の内容を1か月にわたり1時間ずつ見せられても「うーん」となるんだろうけど…

底なし沼

TV

「そんなバカなマン」が軽く放送事故でしたね。いや面白かったんですけど。 どんな内容だったのかといえば、「初心に帰る」という名目で、バカリズムが夢を追いかける人の家にホームステイして夢のお手伝いをするというもの。まあ企画だけ聞けば家族がヌルく…

ちょうどいい長さ

アニメ「ルパン三世」のレギュラー新作の初回が放送されました。とても面白かったです。 自分も小さい頃によく早朝に流れていた「ルパン」の再放送を見たクチである。子どもには少し理解の難しい部分もあったように思うが、ルパンのコメディ性とアクション性…