冒涜とかじゃなくて

内田裕也が逝去。

 

別居を続けながらもずっと夫婦であった樹木希林が亡くなってわずか半年。後を追うように夫であった内田裕也も亡くなった。

 

このニュースを見たとき、自分は「ああ、亡くなったのかあ」と思った。「なんだそのぼんやりとした感想は」と思われたかもしれないが、全くもってその通りである。悲しいことに仕事が多忙ゆえ寝不足がたたっている。本当はこんな文章書かずに早いとこ寝るのが正しいんだけども、なぜかよく分からないけども指が動いている。そんな寝不足の頭から出てくる感想なんてこの程度である。

 

しかし自分が体調万全の状態でこのニュースを見たら感想は違ったのか、といえばそれはおそらくNOだ。いかに自分が元気であろうとも「ああ、亡くなったんだなあ」くらいのレベル。語尾に少し勢いがありますね。

 

ではなぜ自分は内田裕也に対してこんなに淡白なのか。理由は簡単。「そりゃ内田裕也ロックンローラーでありお騒がせな大物であることは知っているが、それが自分の実感としてあまりない」からに他ならない。いくら「ロックンロール」という決め台詞が自分の中で分かっているとはいえ、それが「内田裕也すげえ」には繋がらない。つまり自分には内田裕也は「そのくらいの認識の人」なのである。

 

もちろん自分より上の世代の人では、内田裕也を神と崇める人がいたとしてもなんら不思議ではない。そういう人が今回のニュースで内田裕也の死をえらく悼むことがあってもそれはそれでいい。しかし自分はそうじゃない。自分を正当化しているわけではないが、世代と言ってしまえばそれまで。

 

なんでこんなことを書いているのかといえば、この内田裕也逝去を報じるニュース番組が、街行く人にインタビューで「内田裕也さんが亡くなりました」と聞くわけです。すると自分と同い年くらいかそれより若い人が「残念ですね」とか「知らなかった」とか言うわけです。まあ「知らなかった」は仕方ない。しかし、「残念ですね」って本当に思っているのだろうか。

 

いやもちろん自分だって一応そこそこ生きているので、それが「礼儀的な弔いの言葉」であることは分かっている。そんなこと大して思っていなくても言ってしまうのだ。しかしその「大して思ってもいない弔いの言葉を捧げて、大して考えてもいない内田裕也に対する思い入れを語るインタビュー」が流されるのってどんな気持ちになるんだろう。

 

インタビューを取るほうは「そういうコメントが欲しい」ゆえにインタビューする。インタビューされるほうは「ウソではないけども礼儀的なお悔みを述べる」わけで、そこに悪気や冒涜はない。たとえ興味関心がなかった場合に「へえ~、そうですか」で終わるインタビューは流されないからこそのこれ、なんだろうけど、とってもぼんやりした気分になる。これは寝不足のせいではないと思う。

 

ただそんな全てのもやもやは、「ロックンロール」の一言でかき消される。便利な言葉だ。思い入れはない。しかし合掌。

 

Paint it GOLD

後藤真希が不倫を認めて謝罪。

 

世間はピエール瀧逮捕で忙しいというのに、まったく空気を読まない文春である。記者もスクランブル体制で取材しているんだろう。

 

最近の後藤真希といえばママさんタレントを目指していたのかやたらと「よいママアピール」に余念がなかった。しかしそこにはやっぱりなんらかのシークレットがあったわけで、これが現実だったというわけか。やはり彼女が目指そうとしていた良いママなんぞ横浜蜃気楼に過ぎなかったということだろう。

 

そりゃSOME BOYS ! TOUCHしたくなるようなエロい体した後藤さんですから不倫なんかやろうと思えばいくらでもやる気!IT'S EASYなわけですよ。

 

ガラスのパンプスこそ履いてはいなかっただろうが、不倫相手には「あなたと手を握って歩きたい」「今にきっと……In My LIFEにはあなたしか見えない」てな具合でエロいこと言ってたんでしょうな。そんなこと言われたらどんな男だって我慢汁が溢れちゃう…BE IN LOVEてなことになるわけで、そりゃベッドの中では原色GAL 派手に行くべ!てな感じでしょう。そしたら後藤さんはもちろん抱いてよ!PLEASE GO ONですよね。

 

んでもってさんざんセックスしたあとに見せる後藤さんのスッピンと涙。不倫相手は「君といつまでも」なんてことを言ってしまううわさのSEXY GUYなんでしょうが、後藤さんのほうが一枚上手。別れ際には「さよなら(セックス)友達にはなりたくないの」なんて言ってサン・トワ・マミーを口ずさみながら自分の家庭に戻っていくわけですね。愛のバカやろうですよ全く。

 

こんなことがあったかなかったかは知りませんけど、裁判沙汰になっている以上夫婦に隙間風が吹くのは必定。これがサヨナラのLOVE SONGになってしまうのだろうか。

 

なんて心配している素振りを見せたものの、全然本心ではない。自分はよっぽどこれで良かったんじゃないかと思っている。後藤真希というスターは本来「良い妻」であるわけがないのだ。後藤真希とは芸能界に存在した瞬間から「金髪のメンタリティがお似合いの下町のヤンキー」なわけで、不倫は、する。それでいい。

 

柄にも合わない良い母良い妻アピールは旧モーヲタからすれば違和感しかなかった。だから不倫報道は「あるべきところに還っていった」わけであり、ピエール瀧の薬物逮捕よりもずっともっと自然な話である。

 

今この文章を自分は「後藤真希COMPLETE BEST」を聴きながら書いているわけだが、聴き進めれば進めるほど、自分の書いていることに間違いがないと思えてくる。そんな気持ちが横溢して文章中にこぼれているかもしれないがそれは多分気のせいだ。

 

屁で空中ウクライナ

ピエール瀧麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで逮捕。ざっくり言うとコカインの使用による逮捕。

 

未明に流れたニュース速報。こんな夜中になんだよと思ったらの衝撃のニュース。特別ファンというわけでもないけれど、「電気グルーヴ」の音楽は聴くし、彼が出ている映画やドラマは何本も見ているし、何より現在進行形でNHKの大河ドラマ「いだてん」が放送中。どうなっちまうんだオイと正直に思ったわけで。

 

そもそもがミュージシャンなので(という言い方は大変に語弊があるのだろうが)、薬物で逮捕されるというのは「ない話ではない」とは思っている。しかし自分にとって何が衝撃だったかと考えれば「薬物なんか使わなくてもナチュラルハイで面白いおじさん」だったはずのピエール瀧が「薬物に頼っていたのか…」というある種の敗北感にある。

 

もちろん許されることではないのだが、才能に行きづまりを感じた人間が薬物に手をだすことはよくある。例えば槇原敬之という現代の日本の音楽シーンにおける大天才であっても、過去には覚醒剤の所持で逮捕されている。もう20年も前の話だ。しかし才能の行きづまりを薬物で解決するのは安易であり、何の解決にもならない。ピエール瀧の乱用理由が何なのかはまだ判明してはいないが、もし「自分の活動に行き詰まりを感じていた」とかいうコメントを発表したならば、やっぱり悲しい。

 

今回逮捕されたのが厚生労働省麻薬取締部であり、内偵調査による慎重な裏付けがなされているわけで、常習性が疑われる事案である。あとは「どれだけ長いことやっていたのか」という話になってくるだろう。ピエール瀧のここ数年の活動が「実力」によるものなのか「薬物の助けを借りた」ものなのか、ここで評価は大きく変わってくるんじゃないだろうか。

 

……とまあ未明から衝撃のニュースだったわけだが、そんな中「地上波で11年ぶり熱唱」という記事になる酒井法子は本当にタイミング悪い。のりピー捕まったのはもう10年も前か。薬物乱用はなくならないね本当に。

 

ホープフル・ストレスフル

テレビ全然関係ない話をたまには。誰も望んでいない気はしますが、まあ別にいいだろう。

 

2019年はブログの更新をしっかりやって、年末くらいには「今年は更新したなあ、頑張ったなあ」と言いたい。そんな誰にも認められないささやかな努力をしてみよう、と始めた今年のブログ。1月2月は割と順調に更新していたものの、3月に入ってから完全に息切れ。それでも過去数年の年間更新数をもう既に超えた。

 

気持ちが切れたわけではない。単純に仕事が忙しくなってテレビの視聴時間と更新時間が確保できなくなっただけなのである。もちろん寸暇を惜しんで更新に勤しめば出来ないことではない。しかし自分ももう若くない。体は少しずつ無理がきかなくなってきているし、そもそもテレビ見る時間が少なくなってくると書くこともなくなってくる。忙しいとどうしても気持ちが悪いほう悪いほうへ向いていき、悪口しか書けなくなる。それを通常営業と言われてしまえばそれまでなのだが。

 

自分ではあまりストレスを抱えないタイプの人間だと思っていた。大抵のことは寝たら忘れるし、仕事でもなるべくイヤな気分にならないように立ち回っていたつもりだった。しかし今日自宅から出かける前にあったほんの些細な「イラっとすること」で自分の小さい器から何かがこぼれたらしい。自分の車で運転しながらいきなり大声で叫び始めたのだ。完全に他人事のように書いているが、実際他人事のような気分で自分が叫び始めたのだから怖い。

 

それでもなんだか怒りは収まらなかったわけで、そのまま稚内くらいまで走ってやろうかと思ったんだけど、その直後に自宅に免許証を忘れてきたことに気づき、すぐさまUターンですよ。気分的にはハーレーで爆走みたいな感じだったけども、ただの軽自動車ですから。そういう人間なのですよ自分は。スケールが限りなく小さい。

 

そんなスケールの小さなオジサンですが、しばらく携帯電話の機種変更をしていない。なもんでそろそろ機種変更でもしようかと思って某家電量販店に冷やかし半分で話を聞きに行ったわけです。平日昼間なんて家電量販店はヒマもいいところですから、完全に冷やかし丸出しのオジサンでも丁寧に接客してくれます。基本丁寧に教えてくれましたが、自分の持っている携帯(スマホ)の機種があまりに古くて店員にハナで笑われた。気がした。まあ親切に教えてくれたので何の悪感情も持たなかったんだけど。

 

しかしまあストレスフルな世の中でいったい自分は何を希望に生きていけばいいのか。もちろんももクロちゃんという道標はあるんだけど、一年以上も生で見てないし、なかなかライブにもはせ参じることが出来ない中、もうちょっと分かりやすい希望が欲しいのです。そう、ちょっと未来の自分が頑張れるような、分かりやすい人参が。

 

守るべき家族もいない。恋人もいない。あるのは傍らにテレビだけ。こんな人生の何が楽しいのだろう。我に返ると死にたくなってくる。こんな自分の人参になってくれるものがあるのか。真剣に、真剣に考えた。夕方になるまで考えた。

 

 

 

真剣に、ゆうがた。

 

 

 

真剣佑。

 

 

 

というわけで、映画「ちはやふる 結び」の新田真剣祐を見るまでは頑張る。これが自分のアナザースカイ。

 

 

 

「こ」ではなく「ぽ」

「R-1ぐらんぷり2019」は今までで一番面白かったんじゃないかと個人的に思いました。以下感想の羅列。

 

チョコレートプラネット松尾

 IKKOで一休さん。今IKKOとして松尾が出来ることを全部ぶちこんだ贅沢なコントですよ。後半で「おかげでした」の「全落」でイスから落ちてカツラの向きが正しいかを確認するIKKOのマネをしていたのだけど、たぶん通じたのは視聴者の2割くらいだろうなあ。

 

クロスバー直撃 前野悠介

 動体視力。自分で小道具を作ってのスタイル。決してつまらない、というわけではないんだけど、動体視力検査にしなくてよかったんじゃないか、と思っていたらネタが終わっていた。1票も入らないか。そうか。そうだよな。

 

こがけん

マイク。仕組みが分かっても笑ってしまうというのは力あるってことですよ。勝ったかなあ、と思ったんだけど。

 

セルライトスパ大須

囁き漫談。ネタそのものはシンプルなものだけど、赤ちゃんがいるのを「いいことに」囁くというスタイルはやるなあ、と思った。見せ方(魅せ方)って大事だねえ。

 

おいでやす小田

成功者。「20歳年下の妻話合わない」よなー。R1での負け方が名人芸になってきた感。

 

霜降り明星 粗品

フリップ芸。去年はツッコミで笑いを取るための設定が若干強引かなあと思ったんだけど、今年は「M1王者」の貫禄なのかそう感じさせなかった。緩急のつけ方が見事よなー。

 

ルシファー吉岡

男子高と女子高の合併。「ごめんね青春!」を思い出したのは自分だけではあるまい。女子高生の「おはよう」は「おはよう」の意味。哲学だな。

 

マツモトクラブ

犬。さすがのマツモトクラブ劇場。「ゴッドタン」の「ネタギリッシュNIGHT」でかけた風俗ネタだったら結果は違ったのだろうか。見たかったなあ。

 

だーりんず 松本りんす

カツラ芸。ここまで堂々とリアルヅラを笑いの武器にする清々しさよ。こんなもん笑うに決まってる。

 

河邑ミク

大阪へ転校。結構バランスの危ういネタだと思うんだけど、うまく笑えるようになっていてすごい。

 

三浦マイルド

広島弁漢字ドリル。やってることは2013と変わらないと思うんだけど、見た目と構成が若干マイルドになっていたこともあり、見やすい。けどあのアクの強さがあったからこその優勝だったのかなあとも思ったり。芸人むずーい(ハナコ風)

 

岡野陽一

おじさん。元巨匠の天才がR1の舞台でもおじさんっぷりを発揮。この人が評価されるのは何年後なのか。

 

決勝

セルライトスパ大須

囁きのシチュエーションを変えてトラに囲まれた状態で。下敷きの天丼はズルいけどあれは笑う。もう一個爆笑をさらうネタがあれば優勝だったかも。

 

霜降り明星 粗品

1本目では出さなかったバンクシーを仕込んであったり、決勝まで見据えた構成はさすがの一言。でも個人的には「ちんぽ」で優勝かっさらったスターっぷりに脱帽。会場の客にも文句言ってしまうキートンとの圧倒的差。

 

だーりんず 松本りんす

引き続きカツラ芸。アキラ100%ほどのハラハラ感はないが、その代わりに哀愁が加わっている。カツラを買い与えた伊集院光も喜んでいることだろう。

 

 

優勝は粗品セルライトスパ大須賀と同票だったが、投票した審査員の数の多さで優勝に。ブロック予選も同じ状態で勝ち抜いたわけで、なかなかにスレスレの優勝だった。ただこの優勝を引き寄せたのも「思わず審査員として一票は入れたくなる」という、審査員の芸人を唸らせる粗品の巧みな芸あってのことだろう。何の疑いもなくヤラセとか言ってしまう人は地獄のようなR1素人動画グランプリのほうでも真剣に見ていてほしい。あっちはまさに地獄。

 

今年は全体的に笑いどころが多くていい大会だったと思います。ただ個人的に一番笑ったのは、事前番組で野生爆弾くっきーが尊敬する芸人として博多華丸を紹介する流れでMr.ボールドを紹介したくだり。平成の終わりにボールド師匠の名前が出てよかった。

 

www.youtube.com

ZIPの次の司会誰になるのか問題

「ZIP」の川島海荷が3月末で降板するわけですよ。

 

初代関根麻里から北乃きい、そして川島海荷と渡されてきた「ZIP」総合司会女性のバトン。次は誰に渡るのか。ワクワクしているのは自分だけだろうか。

 

歴代の3人をよくよく観察すれば、おのずと傾向は見えてくる。条件となりそうなものを列挙してみよう。

・女性である(当たり前か)

・20代そこそこで、現時点である程度の知名度がある

・どちらかといえば親しみやすい顔立ち

・朝の帯番組をやっても、現在の仕事にそれほど影響がなさそう

 

一番大事なのは最後の条件である。例えばここに広瀬すずが収まったらどうか。朝の帯番組を担当することで広瀬の本業となる女優業にセーブがかかるのは間違いなく、それを事務所がOKするわけがない。だからありていに言えば「本業のほうが割と落ち着いてきている」人に白羽の矢が立つのではないか。

 

こんなこと書いてから自分の予想を書くと「本業落ち目かと思っているのか」と言われてしまいそうだが、完全なる落ち目であればここに予想として挙がることもない。ある程度の実績と知名度を有しているからこそ名前が挙がっていると思っていただきたい。というわけで自分の予想を書いてみる。

 

美山加恋

22歳。「僕と彼女と彼女の生きる道」の凛ちゃんとして一躍有名になった女優。今では声優としての活躍もあり、「本業が忙しい」という点ではマイナス評価ではあるのだが、親しみやすさや知名度を考えると、自分の中では筆頭候補。

 

生駒里奈

23歳。元乃木坂46メンバー。初期の乃木坂のセンターを張っていた有名人。アイドルとしての活躍に比べたら女優業はおとなしめ。AKBグループから女子アナへの転職が相次ぐ今、アイドル出身で司会に収まるのは必然の流れのような気もする。

 

小芝風花

21歳。現在オスカーのイチオシ。NHKのドラマ「トクサツガガガ」が注目を浴びたこともあり、今後女優業が忙しくなりそうなタイミングでは難しいか。

 

古畑星夏

22歳。現司会川島海荷と同じ事務所。もし事務所が次に誰かを、と考えたときには古畑の名前が挙がりそうというだけの理由。

 

×足立梨花

26歳。バラエティ適正もあり、朝の雰囲気には合っている。しかしこの路線を突き詰めていくと小島瑠璃子というモンスターに突き当たるので、だったら小島瑠璃子では、という気もする。

 

××西内まりや

25歳。去年事務所を辞めていなければ、可能性はゼロじゃなかったのでは。今はゼロ。

 

 

まりやをオチに使うつもりはなかったんだけど、つい書いてしまう悪い癖。それはともかく、今日一日割と真剣に考えた結果がこれです。当たってたら褒めてほしい。皆さまもよろしければ次の司会予想をコメント欄にでもどうぞ。

 

 

Be Her Shampoo

なんか大学の講義を聞きに来たくせに「こんな話されるとは思わなかった」とか言って訴えてる人とかいるじゃないっすか。あれ怖いですよね。自分で聴きにきたくせにそんなこと言っていいんだったら、もう喋るほうはどうしたらいいんですかね。

 

だから自分は予め言っておく。これからクソしょうもない話をします。読んでから不快になったとか言いがかりはつけないでほしい。予め言うからな。死ぬほどしょうもないぞ。覚悟して読むがいい。覚悟ができた方だけ読んでほしい。

 

 

川口春奈がCMでcomplexの「Be My Baby」に合わせてシャンプーしながら踊ってるじゃないですか。いや踊っているわけじゃないのか。ノリノリでシャンプーしてますね。とてもいいです。

 

www.youtube.com

 

この時期に「Be My Baby」を聴くことになるのは「R-1ぐらんぷり」くらいなもんですが、CMで小気味よく川口春奈がシャンプーしているもんだからつい見てしまいますね。とか言ってるけど完全に嘘。もちろん「Be My Baby」のせいじゃありません。川口春奈が全裸でシャンプーしているからです。そりゃ風呂場でシャンプーするんだから普通は全裸。

 

もちろんCMなので全裸は映らない。こんな書き方をすると、「まさかお前はCM現場では本当に全裸でシャンプーしていると思ってるのか?」と思われるかもしれない。

 

してるに決まってるじゃないか。

 

誰だ「肩より下は着衣だ」とかほざいているのは。そんなわけないだろう。だって風呂場だぞ。どこの国に着衣のままシャンプーをする人がいる。CMで映ってないから裸ではないとなぜ言えるのだ。正確に言えば「裸じゃないかもしれないが、裸じゃないという証拠もない」のだ。ここでメイキング映像とか持ってこられても自分は知らない。

 

ここまで読んだあなたはそっとブラウザを閉じるか、それとももう一度CMの動画を見るかどちらかを選んでほしい。後者を選んだあなたにだけ自分は話をします。最後にもう一度だけ言う。最後まで読んで後悔するなよ。

 

シャンプー中ノリノリの川口春奈の動きをもう一度よく観察してほしい。けっこうノリノリである。体も激しく揺らしている。さて、画面の下ではいったいどうなっているだろう。少し考えたら分かるはずだ。

 

めっちゃおっぱい揺れてますよね。

 

おっぱい揺れるだけならそんなに珍しいことじゃあないんですよ正直。巨乳グラビアアイドルがビキニを揺らす、なんて動画はよくある話だ。しかしもう一度目を瞑って想像してほしい。川口春奈の画面の下はどうなっているか。そう全裸ですね。ということはおっぱいが激しく揺れていると同時に、乳首がもうこれは上下左右に激しく揺れていますよ。それはまるで人間の視線をカメラで追ったときのポイントのように、小刻みに上下左右に激しく揺れていますよ。LUNA SEAの「ROSIER」のサビの歌詞くらい揺れてます。30代爆笑ポイント。

 

だから自分はこのCMを見るたびに川口春奈のおっぱいが、乳首がどうなっているかを想像しながら「Be My Baby」のリズムで心の視線を上下左右へと揺らすのである。これが芸術と言わずに何というのだ。わたしはシャンプーになりたい。

 

読んで後悔しただろう?(くまだまさし風)

 

でも最後にちょっとだけマジメなこと言うと、CMの最後に「私でいいのだ」というキャッチコピーが出てくるわけだけど、「Be My Baby」は「俺の女になれ」であって「私になる」ではないよな。わざとやってるのか気にしてないのかよく分からない。まあおっぱい揺れていればいいんですけどね。